ネットワークをシンプルに考える。

宇宙、芸術、情報技術、哲学など。

4種の無線方式(FDMA/TDMA/CDMA/OFDMA)

 4種の無線方式

概要

 無線方式の規格として現在大きく4つの技術が確立されている。

 その技術確立の年代から順に羅列すると、以下の通りである。

 

①FDMA(Frequency Division Multiple Access:周波数分割多重接続)

分割した周波数帯を個別にユーザーに割り当てることで実現する多重接続(Multiple Access)の方式。

■メリット

ⅰ)技術的に容易

個々のユーザーが周波数帯域を占有するため、データの同期が不要であり、複雑な復号を必要としない。

■デメリット

ⅰ)利用効率が低い

 干渉を避けるために周波数の空き帯域(ガードバンド)を設ける必要がある。

ⅱ)ハンドオーバーに時間がかかる

 セル間を移動する際のハンドオーバーに時間を要する。

■利用サービス

 第1世代携帯電話(1G)、自動車電話

 

②TDMA(Time Division Multiple Access;時分割多重接続)

帯域を一定時間毎に分割して個別ユーザーに割り当てることで実現する多重接続の方式。

■メリット

  FDMAと併用することにより、時間軸と帯域軸で複数のチャネルを確保するこ

とができる。

■デメリット

  フェージング(Fading)による影響を回避する施策を必要とする。

 (複数のアンテナを設置し、受信状態の良い電波を採用する。ダイバシティ。)

■利用サービス

     第2世代携帯電話(2G:PDC)※MOVA

    

CDMA(Code Division Multiple Access:符号分割多重接続)

 ユーザーの情報に符号を乗し、同一周波数の電波に複数ユーザーの信号を合成する多重接続の方式。符合を利用した通信のため高い秘匿性を持ち、無駄の少ない通信路の利用が可能となる。

■メリット

ⅰ)スペクトラム拡散のため、干渉やノイズに対して耐性が強い。

ⅱ)FDMA、TDMAに比較して、通信路の利用効率が高い。

ⅲ)情報の解読には符号が必要となるため、秘匿性が高い。

■デメリット

 ⅰ)遠近問題(基地局が同じ電波を遠方と近接の移動局に対し、①同じ周波数で、②異なる符合で通信を行う場合、遠方からの移動局からの電波が近接の移動局からの電波と同じに到達すると遠方からの電波は打ち消されてしまう。)

 ■利用サービス

  GPS、ナビゲーションシステム、第三世代携帯電話(3G:FOMA

 

④OFDMA ※後日記載