読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学んだこと、いろは

宇宙、芸術、情報技術、哲学など。

『世界のたね 上』第1章 好奇心

※単純に客観的に内容を要約したものではありません。私の任意で、私の視点で要約しています。

 

第1章 知への第一歩(正式題「好奇心」)

1-1.好奇心がもたらす効果

私たちは日常的に「好奇心」という言葉を使うが、何気ない日常の生活の中で用いて、そこから生物種全体について言及をすることはあまりない。著者アイリック・ニュートは人類の歴史を俯瞰するなかで、最初の章に「好奇心」という標題を掲げた。つまりは好奇心こそが、すべて学問のおおもとであるということである。一体どういうことだろうか。

 

ニュートは以下の一文で始める。

「好奇心をもつ生きものは、いったいいつ頃、地上にあらわれたんだろう?」(第1章 p7)

もしかしたら両生類は好奇心に誘われて陸上に顔を出したのかもしれない。しかし両生類の脳は小さく、(仮に好奇心をもっていたとしても)人間が持つ好奇心とは異なるだろう、と。ただ、ここではいつ好奇心が世界に誕生したのかに言及するわけではない。好奇心という存在に目を向けてみようということだ。

 

ここで大事なのは、「好奇心は生物にどのような影響をもたらすのであろうか」ということである。

「好奇心の強い動物は、自分のまわりの世界をありこち探り歩くので、子どもを産むのに必要な相手や、安全なすみかや、獲物の多い穴場を見つける大きなチャンスに恵まれる。自然界にはたくさんの飢えた肉食動物がいるから、小さな動物が遠くまで餌を探しにいくのはとても危険だ。でも、好奇心の強さが、小動物のさまざまな短所を補ってくれるんだ。」(第1章 p8)

哺乳類として生存した私たちの先祖に好奇心は必要不可欠であった。人類という知の巨人は、自らの力だけでその路を開拓したのではない。好奇心という動物種に共通して内在するものにこそ、知的活動の根源的な起源があるのだとかれは考えている。

 

1-2.人間とその他動物の好奇心の違いはどこにある?

動物種に内在する好奇心という要素が人間を知の巨人に押し上げたとすれば、一つの問いが必然的に生じる。

 

「どのような好奇心の違いが人間と動物に差異を生じさせたのか?」

 

この問いについて、ニュートは二つの差異を挙げている。

①質問期(1/2)

(※子チンパンジーは独り立ちするために様々な試行錯誤を繰り返して、木の登り方などを覚える。)

「人間の子どもも、チンパンジーと同じことをする。でも、人間の子どもの場合は、それに加えて、あれこれしつこくものをたずねる。(中略)子どもは、さまざまな質問や答えをくりかえして、やがて大人になって自分の力で生活するために知識を身につけていくんだ。」(p9)

幼いころ、誰もがそうであった。「宇宙の果てはどうなっているの?」、「電話はどうして鳴るの?」、「車はどうして走れるの?」などとにかくあらゆる質問をするのが人間の幼少期である。この質問(問い)こそが人間の大きな特徴であり、人間を人間たらしめる要因である。

 

②構造化(2/2)

簡単な因果関係についてはチンパンジーでもわかるだろう。たとえば、穴を棒に差すとアリが出てくることなどはその一つだ。

しかし、人間はさらにそこに原因(「どうしてそうなるのか」)を問うことができ、かつ、現象を構造として認識することができる。構造として認知することではじめて、その普遍性や条件についても思索を巡らせることが可能となり、知と知を結び付けて世界を眺めるようになってくる

「人間は、チンパンジーとは違って、いくつもの知識のかけらを集めて一つ大きな全体にすることができる。それはちょうどジグソーパズルで、いくつものピースをつなぎ合わせて大きな絵を完成させるようなものだ。ぼくたちはよく、ものとものと関係を見つけだそうとする。(中略)十万年前に、大脳でものを考えることができるようになってから、ずっといまにいたるまで。」(p9)

その構造化の最大の成果が、「神」と言えるのかもしれない。

 

 

1-3.構造化によって見えてきた「神」という存在

人は知の構造化によって世界という一つの存在が認識できるようになったとき、あらゆる現象の根源となる存在を想起するようになった。

「説明のつかない出来事の背後には神々がいる、とたいていの民族が考えたのもけっして不思議じゃない。神々というのは、ぼくたち人間よりもはるかに大きな力で自然界に働きかけることのできる存在のことだ。」(p10)

そして、その神々は様々な形で人間に関わるようになっていく。

「神々は、たいていの場合、見えない存在とされていたけれども、ときには人間や動物の姿をしてあらわれることもあったようだ。そして、その神々のすることには一つ一つ意味があった。人間たちの悪い行いに対する罰を意味するときもあれば、よい行いに対するほうびの意味もあった。」(p11)

構造化によって生じた”ひとつの世界”において、神は究極的で絶対的な存在であり、人間の不安の元凶となるあらゆる災いの根源として神は君臨するようになった。

 

1-4.古代における天文学の役割

当時の人間は世の中の多くを予測できなかったが、かれらにとって最重要事項であった穀物の生育については、神という媒介者のおかげで、星の出現との因果関係を見出すことができた。

穀物の刈入れがはじまる頃になると、いつも同じ星々が空にあらわれることから、人びとはその星々のおかげで穀物が実ったのだと信じるようになった。こうして空の星々は人間の生活と深いかかわりをもつ神々となり、星占いは一つの重要な職業にまでなった。」(p11)

いかに星々がかれらにとって重要であったかは、人が最初に書きだした記録が星の運行であったことから推測できよう。

「ものを書く技術が考えだされたとき、人びとが最初に書き記したものは、星の運行と穀物の生長の観察記録だった。」(p11)

 

1-5.宗教の弊害

たしかに、現在においても宗教が人類にとって有意義なものであるといえよう。しかし、この宗教というものは、上記にも示した「好奇心」にとっては必ずしも良い効果をもたらすものではない。

「たとえば古代エジプト人たちは、太陽はラー神の目だと信じていた。だからエジプトでは、太陽のことを深く研究することは無駄だったんだ。みんながみんな、太陽はラー神の目だと信じて疑わなかったし、それ以上のことを望まなかったからだ。(中略)こういうふうに、信仰をもつことによって、人間の好奇心がいちじるしく削がれてしまう場合だってあるんだ。神を信じなかった人びとは罰せられることもあったから、そういう人びとは自分の考えを隠すようになった。」(p12)

宗教は世界を一面的に定義するし、排他性をもっている。それが人の好奇心という知の根幹となる働きを阻害してしまうのである。

たしかに、「好奇心」が宗教と関連し、どのような関係性を持っているのかという視点はこれまであまり耳にすることはなかった。人間の歴史を説明する上で、簡潔で、明快な見方といえる。

 

さて、宗教に拘束された人間が多様な視点を獲得するのは、いつになるのだろうか。

(・・・)

そう、皆さんご存じの通り、今から2,500年ほど前の小国ギリシアで、止まっていた時計の針は動きだすのである。(つづく)